アパレルパパ *パパがつくる子供服*


 アパレルパパ  松平博政  オフィシャルブログ。
by apparelpapa
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ギャングエイジについて考える



小学3年生の長男の、今年度最後の授業参観がありました。


冒頭、担任の先生より、授業が始まる前にひと言。




 
 「前日の授業参観の練習のとき、教師になってはじめて、情けなくて泣きました。。」





どうやら、いつものお調子者メンバーたち(うちの子も!)が


まじめにやっている子供たちや先生の言う事を聞かず、


練習にならなかったそうです。。


日頃からこのクラス、この学年の悪態ぶりは目に余るものがあるようです。。





まさにギャングエイジ!





この前は、授業が始まっても教室に戻らない、一部のお調子者たち(うちの子も!!)が、


別のクラスへ連れて行かれて授業を受けていたそうです。


うちに遊びに来ていた息子の友達とお昼ご飯を食べているときに聞きました。


うちの子はネガティブな話しは言わないので、




 「そんなオモシロ話、真っ先に聞かせろよ!」




と言っときました。





まぁ、自分も同じようなことやってたっけな、と思いながら、


お調子者たちの何人かと話をすると、


結構、物分かりもいいし、はきはきしてたり、ニコニコしてたり、


見どころ満載なんだよね。





先生は、ホントにたいへんだと思う。


先生一人に押し付ける問題でもない。


あとは、それをサポートするいろんな大人の目が


そっと行き届いていることが大事じゃないかなと思うのです。


大人だって仕事してれば、人と合う合わないってあるもんです。


子供にしたって、合う合わないは重要な問題だ。





少し前に、先生とサシでお話しさせていただいたとき、


子供の育ちにおける、学校と地域の関わり方や


パパ目線の大切さなどについて意気投合しました。


パパ目線で、独自に活動しようと思っています。


日頃の大人の仕事姿を見せて行けたらいいなぁと思っています。


ご近所さん、参加されたし。












[PR]
by apparelpapa | 2010-02-11 18:25 | 子育て
<< あひるのこまつり 帆布のバッグシリーズ inエキ... >>


プロフィール

かぞくでよろこぶ通販サイト
「グラムスストア」運営
http://www.grams-store.com/

こどもの絵をお守りに。
「こまもり」サイト運営
http://www.komamori.jp/

ネットでお絵描きして1点モノづくり
「こどもキャンバス」運営
http://www.kodomocanvas.com/

有限会社グラムス
社長 松平博政

群馬県桐生市出身・在住
家族:妻と長男(12)と次男(8)
   とフレンチブルドッグ(5)

●ジャパン・キッズファッション・ソサエティー会員
●NPO法人 ファザーリング・ジャパン会員
●桐生市イクメンプロジェクト推進協議会リーダー
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧