アパレルパパ *パパがつくる子供服*


 アパレルパパ  松平博政  オフィシャルブログ。
by apparelpapa
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

石巻


e0178488_771051.jpg


パパトコクラスのメンバーと2人で、石巻に行ってきた。

桐生JC(青年会議所)が支援物資を届けているので、その現場に行ってきた。

そこは、小高い日和山公園の頂上にある鹿島御児神社。

震災当時は、多くの人が避難してきた様です。

そこから望む海岸線方面の日和大橋は健在です。

津波は、船が下を通るため高く設計してある、この橋の高さくらいまであったらしい。

e0178488_774356.jpg

e0178488_78176.jpg


ここでは、いろいろな出会いがあった。


この方も視察にいらしていた。
e0178488_792789.jpg


被災者のお年寄りと話した後に、その方が、脱帽してありがとうと何度も言った。

神奈川県庁から避難所に応援に来ていた人は、

キティちゃんのお守りを2つ買った。娘さんにでもやるのかな。

子供のための移動動物園も来た。犬・ネコ・ヤギ・リクガメ・アルパカなど。

この移動動物園をここにご案内したのは、自ら被災しながら、

子供たちのためのNPOを運営する、石巻こども避難所クラブ

こちらでは、絵を描いたり、外遊びをしたり、いくつかの避難所で

ボランティアの方々が一緒になって遊んでいます。

我々も渡波小学校へ向かった。子供たちの元気な声が響き渡る。



オムツなどの物資を積み込んでいたが、現地では物資自体は比較的ある様子。

なので、市役所に届けにいく。その途中の商店街に横たわるサンタクロース。

e0178488_7193638.jpg


市役所の中は混雑していて、安否情報の紙が一面に貼ってある。

これは本当に切ない。

e0178488_7205488.jpg


小学校も火災の後やら、がれきの山。皆無事に避難できたのだろうか。

e0178488_7222255.jpg


日和山公園から見えた、病院まで行った。

e0178488_722556.jpg


その後、日和山大橋を渡る。

e0178488_7241349.jpg


ココも避難所になっている。

e0178488_724375.jpg


そして、こんな非日常な光景が一ヶ月経った今も、日常の一部である。



石巻行きから4日。

不思議なことに、日に日に子供たちのためになんとかしたいという思いが募る。

やるべきことが明確になったような気がする。

子供たちに、誇るべき日本をつないでいくのが大人の役目だ。

もう一度、ニッポンを作り直すため、東奔西走。









[PR]
by apparelpapa | 2011-04-21 07:36 | パパトコクラス
<< チャリT イベント予定 >>


プロフィール

かぞくでよろこぶ通販サイト
「グラムスストア」運営
http://www.grams-store.com/

こどもの絵をお守りに。
「こまもり」サイト運営
http://www.komamori.jp/

ネットでお絵描きして1点モノづくり
「こどもキャンバス」運営
http://www.kodomocanvas.com/

有限会社グラムス
社長 松平博政

群馬県桐生市出身・在住
家族:妻と長男(12)と次男(8)
   とフレンチブルドッグ(5)

●ジャパン・キッズファッション・ソサエティー会員
●NPO法人 ファザーリング・ジャパン会員
●桐生市イクメンプロジェクト推進協議会リーダー
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧